クレジットカードは収入がないと作れないのか

クレジットカードは支払いを先延ばしにすることができるカードですが、これはカード会社が一時的に支払いを肩代わりするためです。
よってカード会社にしてみれば、クレジットカードを所有している人が、料金を肩代わりするだけの信頼に値する人であるかどうかと言うのは、とても重要になってきます。
そのためクレジットカードを申し込んだ際には、信頼を調査するための審査が行われます。


この審査の基準はカード会社やカードの契約内容により異なります。ただし大まかには共通しており、ひとつは信用情報において過去の金融サービスの利用に問題がなかったかどうかと言う点が見られます。

そしてもうひとつは、現在、継続して安定した収入があるかどうかと言う点です。

このように書くと収入がない人、たとえば専業主婦の方や学生、退職された方などはクレジットカードを作ることができないのでは、と思う人も多いかもしれません。



ですが結論から言うと、収入がなかった場合でもカードを作ることは可能です。その理由として、まずはそうした方専用のカードが出てきていると言う点が挙げられます。こうした専用のカードはショッピング枠の利用額が低い、またキャッシング枠がないことなどが特徴です。



それから万が一、本人に対しての請求回収が難しい場合でも、家族からの資金援助、請求回収を望むことができると言うのも理由のひとつです。



家族が本会員であるカードの家族会員になり、クレジットカードを持つと言う手段もあります。ただこの場合は、本人は勿論のこと、本会員である家族の方の信用情報が重視されると言うのは覚えておきたい点です。