クレジットカードとカードローン

クレジットカードとカードローン、似ているようで全く違うこの2つについて、しっかりと理解しておいたほうが良いでしょう。
まず、利用するためのアイテムに違いがあります。クレジットカードを利用するためには、当たり前のことですが、カード会社の発行するクレジットカードが必要となります。

一方、カードローンを利用するためには、銀行などの金融機関もしくは消費者金融が発行する専用のカードが必要となります。

これは、金融機関や消費者金融、それぞれが発行するものですので、1枚のカードで異なる金融機関や消費者金融を利用するという事は出来ません。



そして、その目的にも違いがあります。



例えば、商品を購入するという場合、カード払いを選択することで、現金が手元になくても欲しい物を手に入れることが出来るのがクレジットカード、ATMなどを利用してお金を手元に用意してから商品を購入するのがカードローンです。



カードローンは、あくまでもお金を借りるということを目的としている為、キャッシュレスで商品を購入するということは出来ません。

つまり、カードローンの方が現金を手元に用意するという手間が必要となるのです。

支払い方法についても、クレジットカードの場合は一回払いや分割、リボ払いを利用者が選択することが出来ますが、カードローンの場合はほとんどがリボ払いです。

その為、多額の現金を借りた場合には、完済するのに時間がかかってしまう可能性もあります。