クレジットカードは管理をしっかりと

クレジットカードは細かいお金を持たずに買い物ができるという利点があります。
また、利用に応じてサービスが受けられたりポイントが付与されたりと、お得なことも多いため、すでに持っている方も多いことでしょう。

しかし、それだけ便利だからこそ、管理には気をつけなくてはなりません。

まず、お金を実際に使っているという意識が希薄になるため、お金の使い方が荒くなってしまうことがあります。そのため、どれぐらい使ったのか記録を付けておくなど、意識づけていく必要があります。

日常の買い物もクレジットカードで済ませている方は、こうした金銭管理を特にきちんと行っていきましょう。



場合によっては不正な請求がある場合もあるので、そういったものに気が付くようにしておくことも必要です。



たまに大きな買い物をするだけなら使っているかどうかが分かりやすいですが、常に使っている場合、少額の請求が合わないという場合に気が付きにくいので、月に一度など請求書が送られてきたら必ず確認をしていくことが重要です。



また、保管の際や持ち歩く際に盗難などに遭わないよう注意していきましょう。

なくなった場合は早めにカード会社に連絡をし、使用を止めておく必要があります。
カード会社の電話番号などはすぐにわかるよう手帳などに記載しておくと安心です。


このように、使用状況の管理と防犯面への配慮という事をきちんと行っていけば、クレジットカードを便利に使いこなしていくことができるはずです。