クレジットカードの現金枠に注意

消費者金融での借入時にはその借り入れをしようとする人の年収証明が必要です。
その年収の3分の1までしか借り入れが出来ないルールになっています。これを総量規制と呼んでいます。



実はこの総量規制はクレジットカードにも同様に適用がなされます。



クレジットカードには現金での借入枠を設けている場合があり、この現金借入はすなわち借金ですから、消費者金融と同じように年収証明を毎年提出しなければいけません。もし、提出が出来なかったりあるいは年収が下がってしまった場合には、クレジットカードにおける現金借り入れ枠も減少することになります。
このクレジットカード枠ではさらに問題があり、総量規制がトータルで判断される点です。

クレジットカードを一枚だけしか保有していない場合は問題がありません。
しかしながら、他社が発行する消費者金融等のカード類を有する場合には、全ての現金借入枠で判断を行います。



一社だけでは済まないわけです。
このように、現金の借入枠には注意を要するものですが、ショッピング枠ではこの問題はありません。
ただし、あまりにも高額な買い物を行う場合には、返済の問題もありますが返済が厳しくなりそうだ等の判断がなされた場合には、上限を引き下げる場合があり得ます。

したがって、このカードで購入をする場合にも、返済が可能かどうかを慎重に判断する姿勢が求められます。
返済が厳しい場合にはこれ以上の購入をやめて使用せず、返済を優先するといった判断も重要です。