クレジットカードを選ぶ前に抑えておきたい仕組み

クレジットカードを手に入れようとするからには最低限抑えておきたい事の一つは、その仕組みがどのようになっているのかについてです。

クレジットカードを発行して利用する際にはカードを出すだけで支払いを済ませる事が可能であり、その仕組みについては知らなくてもカードを利用する事は出来ますが、どうしてカードを提出するだけで支払いができるのか、カード発行会社とカード利用者、それにカードの加盟店の間でどのような取引が行われているのかを説明します。
まず、カード利用者が加盟店でカードを利用すると加盟店はその請求をカード発行会社に行います。
カード発行会社が加盟店に支払いの責任を持つからこそカードを提示するだけで対応してくれるのです。



そしてカード発行会社は加盟店の請求をカード利用者に請求しますが、通常は指定した口座から引き落とすようになっています。

要するにクレジットカードというのは一時的にカード会社に支払いを立て替えてもらい、その支払金額を後日カード会社に支払うという事です。


利用者は年会費を支払ったり支払代金に手数料を加えた上で立て替えてもらった代金をカード会社に支払いますが、年会費も手数料も必ずしも必要となる訳ではないです。



それなのにどうしてクレジットの仕組みが成立しているのか不思議に思う人もいるのですが、そこのところも上手く考えられていて、カード会社は加盟店から支払いの一部を手数料として受け取っている他、広告費でも利益を得ているのです。

だからこそカードの仕組みが成立しているのです。